我が家で私のランクは断トツの最下位

Published / by gorillawomen

20代までは何人もの女性と交際してきましたが、どの女性とも結婚を意識することはありませんでした。仕事の上でしっかりと独り立ちできていなかったのも理由でしょうが、そもそも結婚自体がどこか他人のことのように思えていたからです。大学時代の友人は何人か20代で結婚しましたので、結婚式を数回経験しましたが、それでも心境に変化は無し。将来的に結婚するかもしれないし、しないかもしれない…そんなスタンスで30代へ突入しました。

31歳の頃、友人に呼ばれて飲み会に顔を出すと、そこに小柄で可愛らしい女性がいました。年齢は20代半ばを過ぎたところで、幼稚園の先生をしているとのこと。ちょうど彼女がいなかった私は彼女にひとめぼれをし、友人のバックアップもあってめでたく交際することに。彼女は優しくて、可愛くて、子供が大好きで、そして私の両親とも大変仲良しでした。生まれて初めて「この人とだったら人生を一緒に歩めそう」と感じ、1年半の交際期間を経て彼女とゴールインしました。

家に帰ってくると妻が迎えてくれるという何気ない日常の一コマに幸せを感じる新婚生活でした。楽しさや幸せは、二人で感じると3倍にも4倍にもなるものだと気づかさせてくれた日々でした。ところが、子供が生まれたのと同時に妻の態度が一変し、その後はまるでペットのような扱いに格下げされていったのです。妻にとって大切なものは断トツで子供が1位なのは間違いありません。2位、3位がなくて4位にやっと私という感じ。子供への接し方と私の扱い方は雲泥の差です。朝の「行ってらっしゃい」は、子供が生まれるまでは玄関まで見送ってくれて、姿が見えなくなるまで手を振ってくれていた妻。出産後は、背中をこちらに向けたまま顔も合わせずに投げやりなひと言だけ。「おはよう」や「おやすみ」も、しょうがないから言ってやろうというだるい感じ。

それでも私は怒ることなく、明るく元気に妻へ挨拶を続けています。万が一、私が怒って挨拶をしなかったら、それ以降全く夫婦の挨拶が無くなってしまうのではないかという恐怖感があるからです。一度崩れ始めると、雪崩のようにあっという間に結婚生活が破たんしてしまう可能性も否めません。私の感情をぐっと押し殺すことで何とか生活を続けることができるのであれば、それでいいと考えています。それで家庭を守れるのであれば、子供を守れるのであれば本望です。

家庭内の私のランクは非常に低いのが現状ですが、それでも妻と結婚して後悔はありません。DNAレベルでつながった子供が大切な気持ちはもちろん理解できますし、母親としての責任の大きさに苦しんでいることも理解できます。家族には、人知れない問題や悩みが多数存在すると思います。私のこんな悩みなどは、他の方の悩みに比べたら大したことではないでしょう。きっとそうです。上を見ても下を見てもキリはありません。自分の置かれた現状を受け入れて、その中で最善の努力を続けることこそ大切だと思っています。

結婚当初の夫婦の姿をそのまま何十年も維持できることはまずないでしょう。子供ができて環境が変化もしますし、夫婦それぞれのプライオリティーも年齢と共に変化していきます。その変化の中で障害が生まれた時に、夫婦どちらかが折れなければ生活を継続することは困難となります。女性にはいつも笑顔でいてもらいたいもの。そのために男性が多少犠牲になることは仕方ないと感じます。妻が感謝の言葉を口にしてくれないこともあるでしょうが、安心してください、心の中では必ず夫に対する尊敬を感謝の念を抱いているものです。

海外勤務を終えた頃には別の女になっていました。

Published / by gorillawomen

私と妻の出会いですが、当時私は昼間は食品会社の工場に勤め、仕事が終わるとクラブでバイトをしていました。
理由は単純に、もっとお金が欲しかったからです。
そして妻はそのお店の客として友人と2人で通っていました。
ある日、そんな妻から声をかけられて連絡先を交換。
私は軽い女だと思い、最初のデートでホテルに誘ったんです。
ただ意外な事に妻はまだ男性経験がまったくありませんでした。
クラブには通っていましたが、凄く真面目な女だったんです。
軽い遊びのつもりだった私もそんな妻に魅かれていき、2年後に結婚となりました。
ちなみに当時は週に4日はセックスしていました。
結婚してからは2人の子供にも恵まれ、至って平和に暮らしていました。
妻も当時は本当に良妻賢母を絵に描いたような女だったんです。
そんなある日の事、会社で社長に呼び出されました。
そして中国への1年間の出向を命じられたのです。
妻は猛反対しましたが、会社の命令なので聞かない訳にはいきません。
そんな訳で私は中国に行きました。
3ヶ月に一度は日本に帰国出来たので、その時は妻も凄く喜んでいました。
ただ1年が過ぎても会社からの帰国命令が出なかったんです。
結局、私は5年間という長い時間を中国で過ごしました。
子供の成長すら見ることが出来なかったんです。
そして5年間の間に妻の様子もどんどん変わっていきました。
実は私は妻の実家で義理の両親と同居しているのですが、妻が急に「この家は私の家だから。」と言い始めました。
それからは事あるごとに、「嫌なら出て行ったら?」とか、「いつでも離婚してあげるよ?」といった事を言うんです。
夫婦の寝室も妻が1人で使うようになり、私は毎日ソファーで寝ることに。
「臭いから一緒に寝たくない。」と言われてしまったんです。
これにはさすがの私も本当に頭に来ました。
私にもプライドというものがありますからね。
そんなことを言う女とセックスなんてしたくもありません。
もちろん妻からも誘われる事は一度もありませんでした。
中国から戻ってから5年経ちますが、一度だって妻とはセックスしていません。
昔は大人しくて気の小さい女だったのですが、今では見る影もありません。
何でこんな女と結婚してしまったんだろうと凄く後悔しています。
これから結婚するという方、本当にその方で大丈夫ですか?
もし20年前に戻る事が出来るのであれば、私は絶対に結婚なんてしません。
いったい誰のために今まで頑張って働いて来たのかと考える毎日です。

妻のPMSが酷く、生理前は接し方で苦労してます。

Published / by gorillawomen

私は46歳で、妻は36歳です。
結婚歴は4年ですが、交際歴は12年と付き合いはかなり長いですね(トータル16年の関係)。

妻との馴れ初めですが、16年前私には遊んでたセフレがいました。
妻はこのセフレの友人で、セフレ経由で遊んでるうちに仲良くなりました。
セフレと体の関係はあるとはいえ、私以外の男性とも関係を持ってるような女性なので将来は考えてませんでした。
恐らくセフレの方も同じように私を見ていたと思います。
その点妻は男性経験がなく遊んでませんでしたし、純粋な気持ちを持つ妻に惹かれてこちらから交際を申し込みました。
その時にはセフレともきちんと線引きしていましたし、妻も私の事を気に入ってくれていたので交際に発展しました。

交際歴が長かった理由はいくつかあります。
妻と交際当初、私は遊び人で結婚願望が無かったんですよね。
交際歴が7年近くになってそろそろ結婚を~という時に私が失業し、再就職後に大怪我をしてまた失業と経済的に不安定だったので結婚を先送りにしました。
その結果交際歴が12年と長くなったというわけです。

こうして無事結婚したわけですが、結婚半年後には妻に不満を感じるようになりました。
妻がすごくピリピリするんです。
所謂PMSという症状で、生理明け2週間後ぐらいから次の生理まで妻の精神が不安定に。
大体10日ぐらいPMSでイライラ、そして一週間程生理でイライラと月の半分以上妻はイライラしっぱなしです。
PMSで検索してもらうのが一番わかりやすいと思いますが、この時期の妻は常に怒ってるような感じになります。
無愛想で笑顔は少なく、ちょっと機嫌が良くなったなと思ってもすぐにまたテンションダウン。
ほんとコレはきついです。

結婚前からこういう症状はあったんですけど、交際時期は週1ペース程度でしか会ってません。
ですので生理前に機嫌が悪くなるのはわかってましたが、たまのことだしときにしてなかったんです。
でも結婚後は二人一緒の生活になりますし、PMS期間の間毎日顔をあわせてると妻のイライラは高まり、交際時期よりもPMSの影響をすごくうけてるんですよね。
おかげでこの時期の妻は腫れ物を触るかのような扱いをするしかなく、本当に苦労しています。

改善策ですが、妻は現在通院してPMSを緩和してくれる薬を服用しています。
ただ薬を飲んでいても、それなりにイライラは溜まるようで私によく当り散らしていますね。
以前よりマシになったとはいえ、今でも妻のPMSに困ってます。

現在はあきらめてます。
一応妻も自覚して薬を飲んでくれていますし、最善を尽くしてくれてるし仕方が無いなと。
妻と結婚して正解だったな~ですが、正解だと思ってます。
もし交際歴が短かったり、当時お世話になってなかったらまた違った感想になってたと思います。
妻に不満はあれど、こんな私でも支えてくれました妻に感謝していますし、妻以外の女性と結婚したいとは一度も考えたことはありません。
だからこそ、妻のPMSに不満を感じつつも結婚生活を送れてるんだと思います。

これから結婚する男性へのメッセージですが、同年代の男性同士でも性格の合う合わないってありますよね。
結婚となると年代は違うし周囲の環境も違う、さらに男性脳と女性脳とで考え方に大きな差が生じます。
そんな二人が一緒に生活を送るとなると、相当な負荷がかかるのは当然です。
この負荷を耐える為にはお互いの繋がりが必要だと思うんですよね。
私ほど交際歴は長くなくても良いと思いますが、やはり3~5年程度は交際してお互いの繋がりを深くしてから結婚するのがいいのではないかと思います。

結婚後は、付き合っていた頃のようにはいかないものです。

Published / by gorillawomen

妻との出会いは10代後半の頃。知人の紹介で知り合って付き合いました。カップルの頃は仲が良く数年付き合ってもまんねりもしませんでした。結婚するならこの人だと思い20代前半で結婚。その後子宝に恵まれ幸せな結婚生活でした。現在は間もなく三十路になります。今では仲が良いカップルだった人が別人のような関係。男尊女卑という言葉がありますが、今の子育て世代の夫婦では女尊男卑の方がしっくりくるのではないかと思います。私自身の家庭も子育て中の夫婦ですがまさに後者の状態で、私の友人達もまた同じです。不満に思うことを言えば皆切りが無いと思います。私の場合まずはお金。共働きの為夫婦でお金を合わせてそこからやりくりしようと何度も提案したが却下。

別々という名の私の口座から大部分が引かれる状態。あの手この手で様々な提案(せめて妻側がいくら引かれていくら貰っているのかだけ教えて貰いたいと頼むなど)をしても駄目。そして毎月のようにエステやマツエクや脱毛(https://shounandexp.net/)、美容室に行く妻。恐らく妻の方は相当持ってるもしくは使っていると思います。

次に子育て。イクメンという言葉を発すると父親なんだから育児をして当たり前た、母親はいつもしているんだ、なんて言葉が飛び交う世の中ですが、私の家は妻側がよく飲みに出掛けます。私は年に1度か2度。妻側は子供を私に任せそのまま妻の実家へ泊まる事もあります(実際に泊まっているかはわからないし何時に家に着いているのかもわからない)。土日も私が一人で朝から夜まで子供見るのは当たり前です。ここまで愚痴のような話になってしまいましたがここまではまだ私の中では我慢の範囲。

一番不満なのはここまで自由にやっておいて数年セックスレスな事。男は(私は)単純なので営みでもって愛情表現する以外無いし営みが無いなら愛情が無いとしか思えない。でも利用できるとこは利用される、というように思ってしまう。正直お金の事や遊びの事なども愛情表現があればさほど気にならない。中年~熟年なら分かるが、そうでないのに営みを数年に渡り拒まれるのは自分のすべてを否定されているような感覚になる。子供を思うと離婚も出来ないし、不倫をして見つかればさらにお金と子供だけ取られて終わる。こうなってしまったらどちらに転んでも辛い。これから結婚を考えている人は、こうならないように良く相手を見極めてと言いたい所だか女は結婚すれば必ず変わる。世の男性をみれば一目瞭然だと思う。結婚から出産後の妻の豹変を見極めるのではなく、自分自身がそれに耐えられるか見極めてから結婚をすれば苦労しないかも知れない。※もちろん円満な夫婦もたくさんいます。

料理について意見を言うとキツくなっていく妻。

Published / by gorillawomen

今の妻とは、結婚相談所を通じて知り合いました。
知り合った当初は、体も小柄で性格も大人しく、一歩引いた感じでかわいらしいと感じました。
私自身の事を優しく受け止めてくれる雰囲気が気に入り、結婚を決意しました。

結婚当初は、家のことを一生懸命頑張ってくれて、掃除や料理などに、取り組んでくれていました。
ですが、結婚してすぐからだんだんと妻に対して不満が出てきました。

妻は料理があまり得意ではありません。
一生懸命やってはくれているのですが、野菜に火が通りきっていなかったり、お肉も中がまだ焼けていない状態で食卓に出てきたりします。

また、私の好みでは無い野菜が大量に出てきたり、味が薄かったりします。

これからのこともあるので、それらの料理を出されたときには、自分の味に対する感想を正直に伝えます。
「野菜はもっと火を通して欲しい。この野菜は得意では無い。味はもう少ししっかり、付けて欲しい。」と言いました。

私としては満足いかない料理でも妻が作ってくれた物なので、残さずにすべて食べています。

なのですが、妻は私のこれらの言葉が気に食わないようで、かなり不機嫌になりました。

正直なことを伝えていますし、妻のためだと思っているのですが、料理について感想を正直に述べると、不機嫌になったり、泣いて2階に引きこもってしまったり、正直言ってめんどくさいなと思います。

そして、一年経つ今でも料理の腕は変わらず、さらに、妻の態度がどんどんとキツくなってきました。

正直なことを伝えているだけなのに「じゃあ、もうご飯は私は味付けしません。」などと言って、レトルトや冷凍食品ばかりを出すようになりました。
自分が料理をもっと上手くしようという気持ちは無いみたいです。

私は、もう仕方が無いので、どんな物を出されても我慢して食べようと思うようになりました。
それでも、どうしても美味しくないと思える物に対しては、自分の意見を述べるのですが、やはりそんなときにも妻は機嫌が悪くなります。

今振り返ると、本当にこの結婚で良かったのだろうかと思い悩みます。
違う人と結婚をしていれば、もっと楽しい毎日が過ごせたのでは無いかと思ってしまいます。

これから結婚を考えている人には、女性に料理を作ってもらって、自分の感想を正直に言ってみて、女性の反応を見てみると良いのでは無いかと思います。
長く続く生活なので、食事の好みというのはとても大切になるのです、重要だと思います。

妻と言えども所詮は他人。血の繋がりはないのです。

Published / by gorillawomen

大学時代に同じバイト先で知り合い、約3年半の交際期間を経て結婚することになりました。
翌年には長女が生まれ、親子参院での生活が始まったその時です。妻の実父が胃がんになり、しかもかなり症状が進んでいる状態で、胃の全摘出という大手術を行うことになったのです。
妻に限らず私に対しても実の息子のように接してくれる優しい義父だけに、何とか頑張ってほしいという一心でした。手術は成功したもののそれから長い闘病生活が始まりました。想像を絶する痛みが伴う辛いものでしたが、唯一孫である私の長女と接しているときは本当に楽しそうでした。
そのことから何とか長生きしてほしい一心から、義父と長女が一緒に住める環境づくりをしたく、妻の実家で同居することにしました。
妻もその提案に本当に喜んでくれたらしく、その時は本当にそういった判断をしたこと自体よかったと思っていました。
しかし同居を始めると妻の様子が今までとは違い、明らかに変わってしまったのです。今までは例えば週末の休みに夫婦で相談してどこに行くのか相談しあって計画したものですが、それ以降私の意見は聞かず、実母にばかり相談し、気が付いたらいつの間にか計画が立ってしまっていることなどがざらです。そういう状態ですから、重要な連絡事項も私を介さず実母だけで決めてしまったり、私が知った時は事後報告であったりという状態が続きました。母娘の悪い意味での仲の良さが目立ち、私の存在がないがしろにされている気持ちでした。
しまいには妻と一緒に実母まで義父の母親の祖母の面倒を見てほしいと言い出します。聞けば義父の兄弟連中が私が同居していることをいいことに、介護が少し必要な祖母の面倒を見てもらうよう画策しているらしいのです。私は義父と長女が一緒に過ごせる環境を作り、義父に元気になってほしい一心で同居を決意したのです。それが存在は無視され、おまけに何の関係もない義理の祖母の面倒まで見るという勝手さに怒りの限界が来てしまい、妻と義母に大激怒し家を出ていくと言い切りました。
そのあまりの様子に驚き、そして私の怒り狂う様子に怯え、深く謝罪してきました。兄弟連中もさすがにまずいと思ったらしくその話も立ち消えました。
その一件以来、私をないがしろにする言動行動は少なくなり、どこかしら二度と起こらせてはまずいと言った気持ちがあるらしく、義母もはれ物に触るかのような接し方をしてきます。
今まで連れ添って一番信頼してきた妻ですが、環境次第でこうも変わるとは・・・しょせん妻も他人なんだと自分に言い聞かせています。

親との同居を考える際はよく考えて、いろんな方から話を聞いて判断したほうがよろしいかと思います。そんなこんなでストレスのたまる生活を続けるなか、私も髪がどんどん薄くなってしまいました。今は育毛剤でせっせと毎日ケアに励んでいます・・・https://xn--cckrb5cykobxd6b.xyz/